2008年04月21日

海を守れるUVケアを

先日、市販の日焼け止めに入っている一部の成分が
サンゴ白化の一因になっているらしいと知り、
びっくりしました。

ワタシは旅行に行くときも自分で作ったアロマのスキンケア
グッズをもっていきますが、泳ぎに行く際の日焼け止めは
市販のウォータープルーフやSPF値が高ものを使っていました。

でも、やめます!

今度からは海で泳ぐときも自分で作ったUVクリームを
使います。

もともと紫外線対策には、帽子をかぶりサングラスをして、
長袖のラッシュガードなどで肌の露出を抑えています。
あとは顔や耳、首などの皮膚の弱い部分に手作りUV
クリームをこまめに塗って、アフターケアもきちんと
すれば紫外線対策はできますから。

環境に良くないと言われている防腐剤などは、日焼け止め
だけじゃなくて大半の化粧品やシャンプーなどにも
入っています。

それらは排水となって海へ流れていくのですから、海に
行くときだけでなく日頃から気をつけたい。いきなり
全部使わないようにはできないけど、できるだけ排除したい。

手作りコスメの講座はそういう想いも込めてやって
いるのですが。

楽しく作れて、お肌にも良くて、ついでに環境にもいいよ
なんていうニュアンスではなくて、もっと積極的に
打ち出していきたいと思います。

UVケアコスメ作りも、夏の間は継続して行う予定です。

人(肌)にとってのことだけ考えても、合成より自然の素材が
いいですし、自然のものは環境や生態系への影響だって
少ないはずです。

良いと思われること、できることがあればしたい。

いつまでも美しい海でいて欲しい。
生き物にも元気でいて欲しい。

そう思います。
posted by pika at 14:40| Comment(0) | 思うこと、日常の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。